読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年収1000万の感覚

サラリーマンで年収1000万っていうと凄いんではなかろうか。

年収1000万以上のサラリーマンの割合はほんの数パーセントという数字からみても、自分がサラリーマンだった時のことを考えても、かなりハードルの高い数字だ。

 

とはいえ、自分でビジネス持っている人にとっては、全く特別な数字ではない。

 

俺も起業した時はその数字を目指したが、あっけないくらい簡単に達成してしまって、今では年収1000万つったら、自分のビジネスに危機感を感じる数字だ。

 

ちなみに俺はサラリーマンの時は平均年収ぐらいだったし、営業成績が特別優れていた訳でもない。ごくごく平凡なサラリーマンだった。

 

そんな俺でも自分でビジネスを持つことによって、サラリーマン時代の数倍の収入を得ることができている。

 

更に言うと収入だけではない。

時間の自由も手に入るし、気に入らない奴とは一切付き合わない。

人間関係もフリーダム。

 

っていう現状から考えるに、サラリーマンって何なのって思う。

 

やっぱり資本家とそれに従う者として搾取されるのは当然なのかなとか。

 

何にしろ、もう二度とサラリーマンには戻りたくない。

 

まあ、こんな俺みたいな奴を雇う会社はないんだろうけど。