含み益と含み損

先週のH株指数の上昇で含み益が500万円程でている。

 

一方、仮想通貨はこのところの暴落で30万円程の含み損。

 

含み損の金額は小さいが、投資金額が小さいからであって投資金額に対しての含み損の率は高い。。

 

仮想通貨は欲にかられてタイミングを誤った。これは反省。

 

仮想通貨の追加購入をしたいがもう一段の下げを待ってみることにする。

 

 

H株指数はまだ利確せず11200ポイント近辺まで引っ張るつもり。

仮想通貨が数百倍になる話

このところ仮想通貨全体で軟調な相場が続いている。

 

z cashも27000円まで下がってきたので買い増し。

 

含み損は拡大しているが、ここから更に下がるようならコツコツと拾うつもり。

 

それにしても◯◯政府公認の仮想通貨とか胡散くさいのがあるけど、この手のものはまず詐欺だろう。

 

何で将来、数百倍になるのは間違いないので、この仮想通貨の存在を知って買わない人は気が狂っているそうだ。

 

 

ICOで手に入れた仮想通貨が取引所で取り扱ったのをきっかけに数百倍になったっていうのは現実にあるから、大袈裟に将来性を語っても信憑性はある。

 

夢見る欲張りな人を騙すには仮想通貨は良いテーマなんだろう。

 

夢見るなら自分でICOの仮想通貨を買うか、それが面倒なら取引所で取り扱っている仮想通貨を買うべき。

 

インチェックで取り扱っている仮想通貨はメジャーなものなので、購入するときは参考になると思う。

 

 

 

 

仮想通貨 さらに買い増し

本日もz cashを買い増し。

当初は30万円ぐらい買うつもりだったが、少しずつ買い増ししている間に、80万ぐらいになってきた。。

 

日本の取引所ではコインチェックがz cashを取り扱っているが、他で取り扱っているところはまだない。

 

ということは、他が取り扱ってきたらどうなるか。。

 

こういうのは早目につまんでおいて、あとはほったらかしにしておくと思わぬ財産になっていることがある。過去の中国株で経験済みだ。

 

仮想通貨であれば小額からでも始められるので、まだ購入していないのであれば少しでも良いので買っておいた方が良いと思う。

 

インチェックであればセキュリティもしっかりしているし、不正ログインによる仮想通貨の盗難があった場合でも、2段階認証をしていることを条件に100万円まで保証してくれるのでおすすめだ。

 

仮想通貨取引所 コインチェック はこちら↓

 

[http://日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin]

  

 

仮想通貨 買い増し

上海A株の含み益を利確し、仮想通貨z cashを買い増し。

 

こちらは1割ほどの含み損。

 

それにしても仮想通貨は値動きが激しい。。

 

 

たまに借金や生活費を仮想通貨に投資しようか検討中みたいなツイートを見るが、これはやめておいた方がいいだろう。

 

ビットコインは信用取り引きもできるようだが危険極まりない。

 

あくまで余剰資金でやるべきだと思う。

 

俺は仮想通貨に関しては資産の1/100以下の金額を目安にして購入するつもり。

 

投資の本命はあくまで不動産。

 

 

 

 

 

仮想通貨バブルにのってみる

とは言っても、購入金額は数十万円ぐらいを予定。

こういうのは、無くなってもいいぐらいの金額にして、後は放っておくぐらいでないとね。。

 

ということで、まずはzcashを購入。1zcash 分の購入で約39000円。

 

これからちまちまと購入するつもり。

 

あくまで本命は中国株なので。

 

 

上海A株 動きそうな予感

上海A株指数が動意づいてきた。

 

日本からはA株の個別株に投資することはできないが指数なら投資可能だ。

 

俺は中国で証券口座を持っているので個別株にも投資できるが、指数の方が相性がいいのでA株指数に投資している。

 

この半年ぐらいはスイングで小まめに利益を確定しながら、様子を見ていたが、いよいよ動意づいてきたのではないか。。

 

ということで、投資金額を増やし基本的に買いの状態をキープしていく。

 

 

amazon 高級スーパーを買収

amazonwhole foods marketを買収したとの報道があった。

株価も上がったので、この買収を市場は評価したようだ。

 

レジ無しコンビニといい、今回の高級スーパーの買収といいリアル店舗でもamazon革命が起きそうだ。

 

今まではマーケットプレイスで私の様なセラーが販売できていたが、こういう流れをみていると、amazonはどんどん自前で販売を進めていきそうだ。

 

元々マーケットプレイスamazonの販売データ取りに使われていた要素があるので、ある日突然マーケットプレイスの出品が制限される可能性も。。

 

仮にそこまで行かなくてもセラーの選別はされると思うので、その辺りを考えていかなくてはということで、色々思案中。