読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業、副業で得られるもの

年収400万と年収1000万のサラリーマン、サラリーマンとしての能力は年収1000万の方が高いだろう。

 

 

だからといって、起業した場合、必ずしも年収1000万のサラリーマンの成功率が高いということはない。副業もしかり。

 

なぜなら、サラリーマンと起業では求められるものが違うからだ。

会社という枠組みの中で商材だったり、販売先、販売先のターゲットも決まっている。

 

学習教材を扱っている会社で、自分の判断で勝手に野菜売ってようもんなら、しっかり仕事しろって怒られるだろう。

会社から指示を受けたことを忠実に実行することが求められるし、失敗は評価の対象にならないことがほとんど。

 


しかし、起業した場合は商材や販売先のターゲットは自分で決めなければならないし、仕入先から販売まで自分自身で仕組みを作っていく必要がある。

 

ビジネスで成功できるかどうかの可否はどういう商売を選択するかが非常に大きなウェイトを占めており、ビジネスを構築、運営していく過程で数々の失敗がある。

 

ビジネスの場合、10個のうち1個でも当たれば充分な利益が得られるし、失敗は成功するまでの糧になる。


リスクを恐れずどんどん試していくことが必要だ。

 

なので、起業はもちろん、副業だとしてもサラリーマンと自分でビジネスを行う場合は考え方と行動が全く異なる。

 

人から指示してもらわないと動けない。答えを用意してもらわないと動けない。リスクがあると動けない。

 

こういう人は起業には向いていないので、やめておいた方がいい。

 

 

けれども、その逆で、かつ経済的な自由、時間の自由というものを手に入れたいのであれば起業してみるべきだろう。

 

何もせずに後悔するよりは、絶対に挑戦してみるべきだと思う。

 

 

起業とセルフセーフティネット

政府が副業を後押しするムードになってきているが、

ツイッターなどの反応をみると、否定的な意見が多いね。。

 

「これは国をあてにしないで自分で稼ぐ力を身につけてね」っていうメッセージが含まれている思っているんだけれども、否定的な意見の人は稼ぐ力を身につけるなんてことは考えたくなく、現役中は会社から給料をもらって、定年後は年金をもらうという安定した生活をお望みであるのだろう。

 

リストラにあったり、年金がもらえない、もしくは生活できない程減少した場合は国や会社の責任を追及するのかな。。

 

俺はこういう副業に否定的な意見を発する人とは全く逆で、国や会社を頼った人生はリスキーで、安定でも何もないという考え。

 

なので、自分で稼ぐ力をつけようと副業から始めて起業したし、セルフセーフティネットとして、万が一ビジネスからの収入が得られなくなったとしても、不動産からの家賃なので生活できるようにしている。

 

年金についても全くあてにしていない。もらえればラッキーぐらいの考え。

 

副業に否定的な意見の人は俺とは考え方が根本から違うので何ともならないが、そうではなくて、稼ぐ力をつけたいが、どうしていいか分からない人には、手を差し伸べたいと考えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年収1000万の感覚

サラリーマンで年収1000万っていうと凄いんではなかろうか。

年収1000万以上のサラリーマンの割合はほんの数パーセントという数字からみても、自分がサラリーマンだった時のことを考えても、かなりハードルの高い数字だ。

 

とはいえ、自分でビジネス持っている人にとっては、全く特別な数字ではない。

 

俺も起業した時はその数字を目指したが、あっけないくらい簡単に達成してしまって、今では年収1000万つったら、自分のビジネスに危機感を感じる数字だ。

 

ちなみに俺はサラリーマンの時は平均年収ぐらいだったし、営業成績が特別優れていた訳でもない。ごくごく平凡なサラリーマンだった。

 

そんな俺でも自分でビジネスを持つことによって、サラリーマン時代の数倍の収入を得ることができている。

 

更に言うと収入だけではない。

時間の自由も手に入るし、気に入らない奴とは一切付き合わない。

人間関係もフリーダム。

 

っていう現状から考えるに、サラリーマンって何なのって思う。

 

やっぱり資本家とそれに従う者として搾取されるのは当然なのかなとか。

 

何にしろ、もう二度とサラリーマンには戻りたくない。

 

まあ、こんな俺みたいな奴を雇う会社はないんだろうけど。

 

 

 

 

 

20代で年収2000万

嫁のいとこの20代の青年。

 

中国は山東省の省都で床屋を2件経営しているだが、年収2000万越えだと自慢気に話をしていた。

実際たいしたものだと思う。

今でこそ、これだけ稼いでいるけれども店を構えるのに開店資金が足りず、俺も少なくないお金を貸した。

そのお金はきっちり返してもらい今では余裕ができたのか、高級車を乗り回している。

20代で稼いだ金は手元に残らないっていうから欲しいもの買っといた方がいい。

 

そして、今度はエステ関係にも手を広げるつもりらしい。

こういうイケイケな感じ、好きだな。

 

俺はここ2年程、現状に満足して攻めの姿勢が足りないと実感。。

 

 

 

 

稼ぐために大切なこと

日本にいた会社員の時はベンチャー企業で働いていた。
中途で入った同期6名のうち残ったのは俺だけ。。

他の5人は1週間も経たずに全員辞めていったという、なかなか働きがいのある環境の会社だった。


俺はその会社で5年程働いた。


敢えて厳しい環境のベンチャー企業を就職先に選んだわけは、社長と話ができる機会が多そうだと思ったから。

社長といってもサラリーマン社長じゃダメで創業社長が良かった。そして、業績が伸びそうなところ。

ある日、その社長にズバリ稼ぐために一番大切なものは何か聞いてみた。

 

すると。。

 

 

 

 

 

 

執念と一言。


当時はあまりピンとこなかった。

確かに著名な社長の自著伝なんかを読んでも、そういうことが大事だとは書いてあるけれども、もっと大事なものがあるのではとか思ったり。。

 

そこで、「なるほど執念ですね〜」と納得したふりをしつつもやや疑問を持った感じで返してみる。

 

そうしたら、それしかないと言わんばかりの表情で、「そう、執念だ!」と力強い一言。

 

それから、何年経ったかな。。

自分でも起業してみて実感するのは、確かに執念だなと。

 

もちろん他にも大切なことはある。ただ、 一言で言うと執念かな。

物販初めて2ヶ月で30万稼いだ話

5年ぐらい前にはじめた物販ビジネス。

一番最初の売り上げはバイマ。

最初は自分でかっこいいと思った男性用の服を載せたが全くアクセスがなく、こりゃダメだと思った。

そこで、見よう見まねで他のうまく売ってそうなセラーを真似てみた。

商品説明やら、取り扱い商品など。

そしたら、ぼちぼち売れはじめたんで、寝る間も惜しんで出品しまくったら、初めて2ヶ月ぐらいで30万の利益がだせるまでに。。

ここで学んだね。自分のセンスで商品選んだらダメだって。

自分のセンスは封印し、売れているものをリサーチして、そのものズバリを売ったり、少しデザインが違うもの売ったりと。

そうこうしているうちに、利益は順調に伸び利益が100万近くになり、バイマバブルを謳歌。

しばらくはそのバブルを謳歌していたが、それは長くは続かなかった。。

 

※これは俺の経験でバイマが売れなくなったという意味じゃないのでね。

 

続く。